在宅ワーク・ライター

フリーランスは本名を明かさずに直接依頼を受注できるのか?【ライター初心者】

イラストレーターや漫画家、ライターやデザイナーなどなど。フリーランス(個人事業主が増えてきました。

そんな現代、家にいながらお仕事をゲットできるツールとしてクラウドソーシングが注目されていますが…

クラウドソーシング以外でもお仕事をゲットしたい!!

と、思っている人も多いですよね。

けれど、クラウドソーシングなどのサイトを介さずにお仕事をする場合、個人情報の取扱はどうすればいいのでしょうか?

『本名を明かさずに直接依頼を受注できるのですか?』

という質問をいただいたので、お答えします。




フリーランスが本名を明かさずに直接依頼を受注するには?

ランサーズやクラウドワークス、ココナラなど、クラウドソーシング経由の依頼は、クライアントに本名を明かさず活動名義(ペンネーム)で取引ができます。

いろいろ物騒な世の中なので、こういった点もクラウドソーシングならではのメリットですよね。

しかし……クラウドソーシングを介さず、会社やサイト運営者から直接依頼を受注する際、活動名義のみ取引できるのでしょうか?

この答えは『名前や住所を明かさずにいけるっちゃいけるけど、ムリなときもある』です。

では次に直接依頼で必要となるものや、名前や住所を隠せないときがある理由についてお話しましょう。

直接依頼で必要になるもの

直接依頼を受注し、取引をしていくうえでは

  • 見積書
  • 請求書
  • 契約書
  • 領収書

が必要となります。

クライアントよって不要な場合もありますし、別の書類が必要となることも。

いずれにせよはじめての取引ならトラブルを回避するために契約書も作成しておいた方が無難です。

契約書については、以下の記事を参考にするとわかりやすいかと……。

Web系フリーランスをモンスタークライアントから守る契約書

業務委託契約がすぐわかる!フリーランスにとってのメリットから契約書の書き方まで

書類には個人情報が必要なの?

これらの書類は、住所や名前など個人情報を記入する欄があります。

と…いっても、個人情報の開示が義務付けられているわけではないので、匿名でも住所がなくてもいけるっちゃいけますが、たいていのクライアントは「住所や本名を書いて!」とお願いしてくるはず。

義務でないにせよ、ペンネームだけじゃ取引をした証拠にならないからです。

私たちフリーランスも、本名や事業所在地がわからないクライアントと取引したくないのが本音。不安な気持ちは相手も同じということを頭に置いておきましょう。

どうしても本名を伝えたくないのであれば……

どうしても本名を明かしたくないのなら、屋号を使用すべし!

屋号は法人でいうところの『会社名』みたいなものです。(そこまでたいそれたものでもありませんが…)

開業届を提出する際に屋号を決める欄があるので、活動名義を屋号として使用すればOK。

つけてもつけなくてもいいのですが、屋号を決めて税務署に書類を提出すれば屋号の銀行口座を開設できます。

印鑑と身分証明書の他に、屋号が確認できる『開業届』を持って、窓口で手続きしましょう。

スポンサードリンク



 

匿名での取引は可能ではあるけれど……

 

  • 個人情報を開示する義務や法律はない
  • 屋号で銀行口座を開設できる

この点から物理的に匿名での直接取引は可能です。

クライアントは私たちの報酬を外注費として計上していますが、ペンネームであれ、屋号であれ、本名であれ、『誰に支払ったかが特定でき、不自然でなければ』税務上問題ありません。

 しかし、
 
会社の方針として取引先の身分をしっかり確認している場合(これは請求書に捺印が不要なのに、捺印してください!と言われる習慣みたいなもの)。
 
誰に何を支払ったのか。また、誰と取引をしたのか明確にしたい!
 
万が一、トラブルが起きたときに連絡が取りたい!!
こんな理由で、事業所在地や本名などの『個人情報の提出』を求められるケースも少なくはないです。
それに加え、マイナンバー制度が導入されてからは
法定調書の提出義務者や源泉徴収義務者が、従業員や報酬などの支払を受ける方からマイナンバーの提供を受ける
場合には、本人確認として、マイナンバーの確認と身元確認を行うことが必要となります。
 ※引用 マイナンバー制度

源泉徴収を行ったクライアントはマイナンバーと身元確認を行う義務ができました。

つまり、ガッチガチに事業所在地や本名を明かさずにフリーランスでやっていきたいのなら

  • 源泉徴収がされない仕事を選ぶ
  • 屋号で事業用口座を開設する
  • クライアントと個人情報について相談しておく

この3つのポイントに徹底しなければなりません。

私はフリーランスとして1年半お仕事をしてきましたが、幸いにも(?)個人情報を悪用するような地雷を踏んだことはないです。

もしも直接依頼を持ちかけてきたクライアントが悪~い人だったら、『契約書』を提案した時点で、ササ~ッとフェードアウトしてくれることでしょう。

フリーランスは自分で自分の身を守らなければなりませんが、取引での不安があるのは、フリーランスもクライアントも同じこと。

だからこそ、自分の身を守ることだけでなく、相手への『安心感』にも気を配ってみてくださいね。

フリーランスってホンマ大変・つらい!開業3年目の私が現実を語ろう。

ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。