ちょっと気になる世界

仮想通貨初心者に知っておいて欲しい!私の失敗談と3つの心得

2018年。ビットコインにはじまり、リップルやリスク・イーサリアムや草コインと言われる陽の目を見ていない銘柄まで、さまざまな人に注目されている『仮想通貨』。

少額で購入した仮想通貨が大暴騰して『億り人』になったという話やら、

高掴みしたコインが大暴落して、損切りしてしまった話。

そして実際に仮想通貨が使用されはじめたり…と、何かと世間を賑わせています。

そこで、今日はこれから仮想通貨をはじめてみたい!という初心者さんに向けて、仮想通貨を保持する主婦の私の失敗談や、はじめる前に心得て欲しい3つのポイントについて紹介しましょう。




仮想通貨とは?わかりやすく説明するよ!

仮想通貨(暗号通貨)とは?

インターネットの決済や送金。オンラインゲームなどあらゆるサービスに対して通貨の変わりとして使われています。

ちなみに公的機関が発行、管理を行っていないので、円やドルのように価値の保証はなく、電子データの一種です。(目に見えないから『仮想』とか『暗号』という名前がついている)

めっっっっちゃ、わかりやすく例えるのなら……

Pontaカードってあるじゃないですか。あれで溜まったポイント『ponta』は、対象店舗で1pontaが1円として使えます。

安易すぎるし、怒られそうだけど……ポイントカードに置き換えて考えるとイメージしやすいです。

それぞれのコインの銘柄によって、用途や技術など特徴が異なるのが仮想通貨のおもしろいところ。

最近の仮想通貨市場はすんごい勢いで、いろんなコインが誕生していて乱立感も否めないので、高性能なポイントカードに近いんじゃ……とも思っています(仮想通貨クラスタの方、ごめんなさい)。

じゃあ、ポイントカードや電子マネーでもいいんじゃないか?と感じると思うので、仮想通貨とポイントや電子マネーとの違いをザックリ、書いておきますね。

 

電子マネーやポイントカード

  • 払い戻し・譲渡が出来ず、手数料もない。
  • また、購入時消費税は非課税。
  • 発行会社の倒産などのリスクはあるが、電子マネーは供託金で半分が保証される。

 

 

仮想通貨(暗号通貨)

  • 売却により払い戻し可能。
  • 世界中で譲渡できる。
  • 手数料あり。購入時消費税は課税。
  • 価値の保証がなく、公的機関が管理をしていない点がリスク。

 

ぶっちゃけ、はじめて仮想通貨の存在を知ったとき…

うぁあああ、怪しいな。大丈夫なのかな?危険じゃね??

と、いうのが正直な感想でしたが、今ではそれぞれのコインの特性や可能性を知って、いつか実用されたら面白いな~と応援する気持ちが強いです。

スポンサードリンク



私が犯した仮想通貨の失敗談

ちなみに……私が仮想通貨をはじめたのは2017年11月頃。

存在をしっていたものの、自分もやってみようかなという気になり、コインチェックビットフライヤーに登録しました。

当時、モナコインが大暴騰をしていて、デイトレがてらに購入したのです。

が……!!!!この安易な気持ちが失敗に導きます。(笑)

失敗談1【手数料のこと、考えていなかった!】

すっっっごい凡ミスですよね。取引所のアナウンスを確認しておけば、わかったことなので……。

海外の取引所と比較して、日本の取引所はセキュリティー面で安心感があるものの……手数料が高めです。

購入するとき。そして売却するときにコインに対して『手数料』が発生します。

そのため、

「おっしゃ!!ちょっと上がった…売ってやろう」と初心者ながら短期トレードを試みた私はチャート相場だけを見てコインを売却。

手数料を配慮していなかったお陰で、なんなら資金がちょっぴりマイナスになりました。何やってたんでしょうか私。(笑)

なのでこれから仮想通貨を購入したい方は、取引所の使い方についてしっかり確認してください!!

失敗談2.【焦って高値で掴んだよ】

仮想通貨をいざ始めようとするタイミングって、きっと何かで話題に登っているときだと思うんですよね。私もそのうちのひとりです。

なので「今始めなくちゃ……!」と焦る気持ちでとくにチャートも分析せずに、コインを購入しました。

ところがどうでしょう?

お祭り騒ぎになっている最中で掴んだコインは、翌日に暴落しているではありませんか!

暴騰後に落ち着きを取り戻し、値が下がるのはよくあることですが……チャートすら見ずに感覚的に購入してしまったので、そこから数週間、マイナスになった資金を見つめる毎日が始まります。

損切りせずに置いていたおかげで、今ではプラスとなっているものの……どんどん落ちていくチャートに気持ちもどんより。

「このまま下がっていくなら、今売っちゃうほうがいいかな」

と思ったこともありました。

どちらが正解なのか誰にもわかりませんが……掴んでてよかった~とホッとしましたね。

スポンサードリンク



 

これから仮想通貨をはじめる人に心得て欲しい3つのこと

さいごに私から…これから仮想通貨をはじめよう、購入しようと思っている人に知っておいて欲しい、3つのことをピックアップします。

リスクもしっかり把握しよう

これ…!最大のポイントです。

儲かるイメージばかり際立っていますし、SNSでは利益をあげた人の体験談が目にとまります。

仮想通貨は新しい技術や仕組みを生み出すアイテムのひとつではあるものの……

その価値に保証はありません。

極端な話、昨日は100万円だったコインがある日突然、100円に大暴落する可能性もあるのです。

また、ネット上で管理しているのでサイバー攻撃、ハッキング。取引所の閉鎖リスクだって否めません。

投機するなら、そういったデメリットもしっかり理解した上ではじめましょう。

二段階認証などでセキュリティー面も注意しよう

コインチェックやビットフライヤー。また、海外の取引所でも、不正アクセスのリスクを軽減し、盗難を防ぐために二段階認証を推奨しています。

ビットコインの盗難事件もちらほら耳にしますし、万が一、スマホやパソコンを紛失してしまったときにも設定しておくに限るです!

ちなみに、コインチェックの場合、盗難補償として『なりすまし補償』を開始しようとしています。

大切なことなので、もう一度大きな声で言いましょう。

2018年1月現在、コインチェックでの補償はまだリリースされていませんよ!!

問い合わせセンターの回答はこちら……

いろんなサイトでコインチェックは補償があるから~とか、書いていますが、現段階では調整中です。

また進捗があり次第、更新しますね。

とにもかくにも、保有コインの安全を考えて最低でも二段階認証は済ませておきましょう。

チャート中毒・メンタル管理に気をつけて!

仮想通貨をはじめると、チャートの上がり下がりが気になったり……

ネットの広大な海をはびこるさまざまな情報を目にしたり……

一喜一憂することもしばしば……。

結構身の回りで、ついついチャートを開いちゃう!なんて声も耳にします。

が、バッチバチに短期トレードを行って利益を生み出す、専業トレーダーさんを除けば、仕事や学業など専念すべきことが他にもあるという方ですよね。

なので、仮想通貨を保持するうえではメンタル管理も必要!!!

仕事に手がつかなくなっちゃうと…元も子もありません。

正確な情報をキャッチしたり、みんなの動きを観察したりするのもときに役立つものの、それで精神崩壊しちゃうと意味がないですから。

億り人になるためには、ときにリスクを背負って、勝負に出なくてはならないのかもしれませんが、

これからはじめようという方は、まずは消えてもいい資金ではじめるのがおすすめです。

誰がなんと言おうと、仮想通貨はすべて自己責任。

さいごに

仮想通貨で億り人になった!人生変わった!という体験談を目にして、『じゃあ俺も……』という気持ちではじめう方が多いと思いますが……

正直なところ、莫大な資金を溶かしてしまった人がいることも事実。

誰だって成功はおっぴろげにしたいけれど、失敗談はだれだって隠しておきたいじゃないですか。

なんとなく儲かるんじゃ……と思ってはじめるのが悪いことではありませんが、できればそのコインの特徴を知って、本当に使いたい仮想通貨を購入する方が、おもしろいですよ!

そして全ては自己責任。誰がなんと言おうと、最終的に決めるのは自分です。

ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。