在宅ワーク・ライター

ランサーズで初心者ライターが稼ぐために必要な3つの工夫!スカウトされるライターになろう

在宅でできる仕事をゲットできるサービスとして話題となっている『Lancers(ランサーズ)』。

私も主婦業と育児の傍ら、プチ稼ぎをしてみたいと思ってランサーズに登録しました。

ネット上ではランサーズに限らず、クラウドソーシングにまつわるさまざまな意見が飛び交っています。

「ランサーズは危険だよ!ブログの方がいい」

「地雷クライアントも地雷ライターも多すぎる!」

「ランサーズで月収50万円稼ぐとか、天才しかムリ!」

とか。

誇張したけど、こういう体験談も多いです。

結論をいうと、『才能だとか経歴だとか以前に商売に繋げる工夫が上手な人ほど、ランサーズなどクラウドソーシングで稼いでいるな』という印象を受けます。

「でも、稼ぐためにはどうすれば?」

「自分なりに頑張っているんだけど、成果が出ない」

そう感じる初心者ライターさんに、ランサーズで稼ぐために必要な3つの工夫を紹介します。

フリーランスがランサーズで稼ぐために必要な工夫

ランサーズで受注したり、プロジェクトに提案したりして仕事を得るために、大前提としてプロフィール欄を充実させましょう。。

これをやっておかないと、スカウトされないどころかプロジェクトに提案しても通りにくいです。

ランサーズにおいて『充実したプロフィール・稼いでいる人に共通する特徴』は過去のブログでも紹介しているので、

「どんなふうにプロフィールを書けばいいんだろう?」っていう人は参考にしてください。

ランサーズ社員に聞いた!クラウドソーシングで稼げる人に共通する特徴

実際にランサーズ社員の方とお話をして、伺ったご意見です!

今回は、上記ブログで紹介したポイント以外のことに触れていきます。

1.ランサーズストア機能を有効的に活用しよう

そういえば先日、ランサーズのランサー検索で上位表示される基準がリニューアルされました。

1.最終ログイン日時:より最近ログインしているランサー様が上位に表示されます。
2.キャッチコピー:キャッチコピーを設定していると上位に表示されます。
3.自己紹介文:より充実した自己紹介文を書いていると上位に表示されます。また、以下のような要素を盛り込むと指名されやすくなります。
※職歴(業種や業界、業務フロー、プロジェクト、役割など)
※可能な業務・スキル(担当可能な制作工程、特殊なスキルなど)
※作業可能時間/どのくらい仕事ができるのか
※連絡可能時間/いつ連絡が取れるのか・取りにくいのか
※得意なこと、趣味
4.ランサーズストア出品数:より多くの出品をしていると上位に表示されます。(出品上限は5個までです)
5.ランサーズストア出品実績:出品をより多く購入されていると上位に表示されます。

引用:ランサーズ

今まで検索結果に関係なかった『ランサーズストア出品数と実績』が順位に反映されるとのこと。

ランサーズの初心者ライターさんや、ストア出品する余裕がないライターさんはちょっと不安を抱いたかもしれませんが、

これ、クライアントとフリーランスをマッチングさせるために効率的な機能だと思います。

ランサーズでの取引実績が多い人が検索上位にあがってくると「先行有利だなぁ」ってなるけど、ストア出品してれば上位にあがっちゃうんだから(販売実績も関係あるけど)、初心者さんもクライアントに見つけてもらいやすいですよね。

また、価格を一律にはできないという職業の方(とくにデザイナーさんやプログラマーさんなど)

  • 『デザインの見積もりします』
  • 『写真のレタッチ(1箇所まで)』

とか、ちょっとした作業や見積もりをランサーズで出品しておけば、トンデモ案件に出くわす確率も減ると思います。

新規案件を受ける余裕がないなぁというライターさんは

『この単価なら、引き受けるぞ』っていう価格で出品してもいいかも。

忙しいときは、公開したまま販売停止にしておくのもアリですね。

プロフィールに、『文字単価●円から引き受けます』と記載していても、条件や状況によって変動するので、実際はメッセージをしなくちゃ見積もりってできないじゃないですか。

その点、ランサーズストアは

  • 仕事のジャンル
  • 文字数など作業範囲
  • 何円なのか~
  • 納期について

など、ひとつひとつの出品で細かく指定できます。

注意事項の欄に『これ以上の作業になると追加料金がかかります』とか、小姑のごとく記載するに限りますね。

私もさっそく、ランサーズストアに新しい出品をしましたが、クライアントからの足跡数が増えました。

以前より上位に表示されているのかもしれません。

2.初心者ライターさんは『自分のできること』を最大限にアピールしよう

こういうテーマのブログを書くとき、

「どんなスキルでもいいし、なんなら珍しい体験でもアピールになるから、プロフィールに書こう!」といちいちいってます。

自分ではなんでもないと思っている部分でも、相手には価値のあるものに感じるからです。

副業でプチ稼ぎするなら身につけたい認識能力とは?自分で仕事を作る方法

とはいえ、プロフィール欄では文字制限もあるので、ポートフォリオ機能をフル活用して、自分のできることを最大限にアピールしましょう。

ポートフォリオ機能は写真データを添付しなくちゃいけないので、私はチャプタ画面とか、フリー素材を用いてデータを添付し、URLのところに執筆記事やブログを貼っつけています。

  • プロフィール
  • スキルセット
  • ランサーズストア
  • ポートフォリオ

これらの機能をフル活用して、とことんアピールしましょう。

「どうやったらライターになれますか?」と聞かれることがありますが、ランサーズに登録して仕事を受け付けた時点でライターとしての活動がスタートしています。

「初心者ライターです」と自ら発信しないようになったときが、初心者ライターからの卒業ですよ^^

3.見つけてほしいクライアントが検索しそうなキーワードを意識しよう

ランサーズ上でクライアントに自分を見つけてもらい、スカウトされるには、

プロフィールを充実させ、できることをアピールするだけでは足りません。

どんな検索ワードで自分が検索され、マッチングするのかを考えて、意識的にキーワードを追加しましょう。

たとえば、『ライター』だけでランサー検索をするクライアントは少ないでしょう。

重要なのは『何に特化しているライターを探しているのか』です。

これはSEOと一緒。

自分が何かの情報がほしいとき、どんなふうに検索をかけるでしょうか?

『初心者でもランサーズで稼ぐ方法を知りたい!』と思うなら、ランサーズ ライター 初心者 稼ぎ方 とかで検索しますよね。

保険に詳しいけれどライターとしての実績は少ないAさんというライターがいたとするなら、

『保険 ライター』これに合わせて、どんな保険に詳しいのかキーワードを追加します。

私なら、保険 ライター 自動車保険 任意保険 過失割合 とかですかね。

どんな人が自分を求めてくるのか?

そして求めてくる人は何を頼りに検索するだろうか?

そうやって、見つけてもらいやすいよう、キーワードを追加してみましょう。

この作業がどうして重要なのかというと、リニューアルされたランサーズのトップページを見ればおわかりいただけます!

今までのランサーズはフリーランスとクライアントを繋げるプラットフォームではありましたが、マッチングの点では特化したアクションがありませんでした。

トップページからわかるように『どんなフリーランスに出会いたいか?』という部分にフォーカスしています。

また、ランサー検索ページを見ると、
依頼件数 185万8869 件の内、66万4530 件35.7%がご指名から仕事を依頼されています。

との文字が。※2018年2月現在
ランサーズの依頼の4割近くが指名により、成り立っていることがわかりますよね。

クラウドソーシングは1円ライターばかり。

低単価の案件しかない。

こういった悪いうわさって、表面的なものなのかもしれません。

よくよく考えてみると高単価になるであろう案件って、あまり公にしたくないでしょうから。

企業戦略が公開されないためにも、高単価案件は指名によって依頼が発生する傾向にあるのでは?

まとめ:ランサーズの高単価案件は市場に出回りにくい

ランサーズを使いはじめて、約1年半。

今では自分からプロジェクトに提案することもなくなりました。

というのも、どこからともなくメッセージをいただけるからです。

正直なところ、プロジェクト形式で高単価案件を見つけるのは根気が必要。

ときたま、文字単価5円!とか、1記事3万円!とかの募集も目にしますが、私の経験上、高単価な案件ほど公募の市場に出回らず、コッソリ声がかかることの方が多いです。

なので、プロフィールを舐めるべからず!思いつく限りで工夫してみてくださいね。


ランサーズに無料登録する

\請求書がカンタンに作れるサービスもオススメ!/

ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。