在宅ワーク・ライター

ワンオペ育児で転勤妻の悩み。在宅ワークでWebライターなら『働く環境』を選ばない!?

さまざまな理由で働きに出れない……。そんな人におすすめしたいのが在宅ワークです。
けれど、本当に大丈夫なの?という不安も浮かぶでしょう。

そこで、今回はワンオペ育児・転勤族・在宅ワークをしているAさんに、お仕事について取材しました。

いつ転勤を言い渡されるかわからない。2人の子供を子育て中で働きに出られない。
そんなAさんと在宅ワークの相性は?




ワンオペ育児で転勤妻…。だけどWebライターという働き方は環境を選ばない!

家族構成 夫・妻・子供(4歳と2歳)
月稼働時間 80〜100時間
だいたいの月収 3〜4万円
環境 夫がいつ転勤を言い渡されるかわからない

いつ転勤を言い渡されるかわからないAさん。
お子さんも4歳と2歳でまだ小さく、仮にお仕事・保育施設を見つけられても、転勤を言い渡された途端、一からのスタートになってしまいます。

そんなAさんがはじめた在宅ワーク。

Aさんに在宅ワークのメリットやデメリット、体験談を伺ってみましょう。

在宅ワークをはじめた理由は『転勤族』。場所にとらわれない働き方がぴったりだった。

Aさん「最大の理由は転勤族だからです。なので、短期間で引っ越しちゃうこともあるし、いつ引っ越すかわからないし……。だから正社員じゃなくて、パートでも雇ってもらえないことが多いんですよね。」

転勤妻ならではの悩みを抱えるAさんが挑戦したのは在宅ワーク。
ご主人さんも仕事が忙しく、基本的にワンオペ育児です。また両親や義実家も住んでいる場所が遠いため、頼れないんだとか。

Aさん「保育園も考えましたが、待機児童数も多いし、転勤に伴う引越しで、転園しなくちゃいけないとなったら、子供にも負担が大きいですもんね。」

転勤族・ワンオペ育児・そして2人のお子さんがいるAさんは、クラウドソーシングサイト『ランサーズ』に登録したことをキッカケにWebライターとして在宅ワークをはじめました。

最初はランサーズでの取引が中心だったものの、今では先輩ライターさんや知人に紹介してもらったクライアントさんと直接契約を結び、ランサーズ外を中心に活躍されています。

スポンサードリンク




Webライターは、転勤による引っ越しでも、仕事を変える必要がない。

Aさん「ネットがつながっていれば、どこに引っ越しても仕事を続けられるんです。いつでもどこにいても働けるから、今の働き方は転妻と相性がいいって思っています。転勤がつきまとう以上、仕事ができること自体がありがたいです。」

子供が急に体調を崩しても、スケジュールを管理しておけば仕事ができること、もともと体調を崩しがちだったため、自分のペースで仕事を調整できると、在宅ワークのメリットを感じているAさん。

メリットを感じる反面、在宅ワーカーならではのデメリットもあるんだとか。

Aさん「困ったこと…というか、自分のスケジュール管理や仕事の配分をうまくできるようになりたいですね。」

わたし
わたし
ちょっと、読めない部分が多いですもんね。来月引っ越し!みたいな展開も有り得るわけですよね。

Aさん「そうですね。あり得ます(笑)。また月収を時給換算するとが低すぎて泣けますが、それでも、わたしにはライターをするメリットの方が多いので、やめることはないと思います。」

ワンオペ育児・転勤妻の『働く希望』となった在宅ワーク

わたし
わたし
でもAさんの場合、下のお子さんを在宅育児されてるし、ちょいちょい合間に子育てが入ってるのでは……?私も子供がいるとき、集中力が細切れになるんですよね。ひとりのときより時間は倍かかる気がします。

Aさん「たしかに…(笑)基本的にワンオペ育児家事なので、稼働時間も収入も多くはないです。だけど、実家・義実家や行政の支援サービスを利用できる環境あれば、もっと上を目指せるかと!」

最初はクラウドソーシングからライターをはじめ、今では直接契約が増えたり、活動当初よりも原稿料がアップしたAさんは、1年前に立てた目標を見事達成されています。

場所・時間・そして環境を選ばないWebライターという働き方は、『働く』ことに対して、制限がかかってしまいやすい転妻さんの希望の光となっているなと感じました。

Aさん、ご協力ありがとうございました!!

あわせて読みたい
【現役主婦の在宅ワーク体験談】赤ちゃんを育てながら自宅でライター&得意を生かした働き方在宅ワークといえばライターやブロガーを連想する人が多いですよね。 けれど、在宅でできる職業は文章のお仕事だけではありません。 ...

まとめ.在宅ワークってぶっちゃけどうなの?先輩ワーカーさんに聞いてみよう!

2016年。労働人口の減少に伴い、『働き方改革』の取り組みが発足しました。労働人口が減少している大きな理由として、高齢化社会が関係していますが、

雇用形態、待機児童問題、長時間労働などなど…様々な背景も潜んでいますよね。

『働き方改革』では、労働人口を増やすために、在宅ワーク・フリーランスという働き方に重要点を置いていますが、私はまさに、この働き方を実践しています。

そんな私がリアルな世界で主婦さんからよく質問されるのが、「在宅ワークと主婦の相性」について。

ほっっっっんと、いちいち説明しきれないくらい、

『ぶっちゃけどうなの!?稼げるの!?』

『どんな感じで在宅ワークしてるの?』

と質問攻めに遭うんです。(笑)

確かに、ネットで検索すればいろんな体験談が出てくるけど、正直なところ本当かどうかわからないんですよね……。私だって最初は半信半疑でした。

このブログでは、在宅ワークで働く主婦さんに協力してもらいながら、『在宅ワークの真実』を発信していければと思っています。



ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。