在宅Webライターで稼ぐ方法

Webライターがクラウドソーシングで仕事を探すときのポイント

クラウドソーシング「ランサーズ」に登録したことをキッカケに、Webライターになりました。現在はフリーライターとして生計を立てています。

そこで今回は、ランサーズに登録して2年目となったWebライターの私が、クラウドソーシングサイトやランサーズでお仕事を選ぶときのポイントについて紹介します。




Webライターがクラウドソーシングで仕事を選ぶ4つのポイント

保育園に入れないから、在宅ワークに挑戦したい!
副業がてら、何かはじめたい……。

そんな悩みがある人におすすめしたいのがクラウドソーシングサイト『ランサーズ』です。

登録ユーザー数も年々増加し、副業や在宅ワークの手段として、クラウドソーシングを活用している人もいるでしょう。

では、初心者Webライターはランサーズで何を基準にして、仕事を選べばいいのでしょうか?

ひとりひとり、仕事で重要視するポイントは違うと思いますが、私がWebライターとして仕事を選ぶ基準としては、以下の通りです。

  1. 執筆するテーマ、サイトがリテラシーに反していない
  2. 作業時間と報酬が見合っている
  3. 報酬以外のメリット
  4. クライアントさんとの相性

欲をいえばキリはありませんが、基本的にはこの4つが大切です。

私も基本的にはこの4つを重視して受注しています。

文字単価1銭Webライターから脱却!0.1円から文字単価2円以上の仕事をゲットした方法 そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私自身も、クラウドソーシングをメインに、いわゆる文字単価0.1円以下レベルの...

ポイント1.執筆するテーマやサイトが秩序に反していない

Web業界を震撼させた「WELQ(ウェルク)問題」。大手IT企業・DeNAが運営する医療サイト・WELQで、著作権無視の転用やオカルトレベルな記事が掲載され、劣悪メディアの実態が明らかとなりました。

WELQに掲載されていた記事の一部は、クラウドソーシングで発注されていたため、クラウドソーシングの是非が問われたり、各サイトで新しい対策が導入されたりと、Web業界全体でリテラシー・秩序の底上げに繋がったのではないかと感じています。

「執筆するサイトのテーマ」や「レギュレーション(執筆ルール)」に問題がないか

この部分も、クラウドソーシングで仕事を選ぶとき、欠かせないポイントですよね。

私もちょっとでも違和感があれば手を出さないようにしてます。

クラウドソーシングは危険
評判|ランサーズは危険?トラブルが多いクラウドソーシングを安全に使うコツランサーズやクラウドワークスなど、クラウドソーシングを活用して在宅ワーク・副業をはじめる人が増えてきました。しかし、クラウドソーシングの評判を見てみると、「クラウドソーシングは危険。お給料が振り込まれない!」「クライアントとのトラブルも多い」と、など利用する危険性も目にします。この記事では、ランサーズやクラウドワークスをはじめたいという人に向けて、クラウドソーシングを安全に活用するポイントを紹介していきます。...

ポイント2.作業時間と報酬が見合っている

ランサーズにある案件のほとんどは、「記事1本につき報酬が○○円」のような報酬型。1文字あたりの文字単価を重視している人が多い印象を受けます。

しかし、『文字単価5円! 1記事1000文字5,000円』という案件でも、執筆に10時間かかれば時給500円です。

逆に文字単価が1円でも、知見のあるテーマならスラスラ執筆できます。

結果的に文字単価5円の案件より時給が高くなることも珍しくはありません。

ほとんどの人が、時給換算を意識して仕事を引き受けるかどうか判断しているでしょう。

また、執筆する人のスキルによって報酬の感覚は異なるものの、大前提として『成果物に対する報酬は報酬以上のメリット』がなければなりません。

クライアントを満足させることも大切だけど、クライアントの先には読者がいます。

作業・報酬のバランスはもちろんですが、その記事を読んだ人の未来をイメージすると、作業時間と報酬が見合っているか判断しやすくなりますよ。

ポイント3.報酬以外のメリットや魅力がある

スポンサードリンク



1記事書くのに、ネタ出しと掲載許可取りも入っているのか……手間がかかるなぁ

報酬と作業時間のアンバランスさを感じたことはないでしょうか?

もちろん、慣れやスキルの問題もあるので、この感覚は人それぞれだと思います。

「このテーマで書いてみたい」「月間100万PVのモンスターサイトで記名記事を書きたい」「報酬は低いけれど、しっかり教えてくれる」とか……。

報酬が見合わなくとも、報酬以外のメリットや魅力がある案件もあるんです。

また、どんなに好条件であっても魅力・興味を感じない分野だと、長続きしないこともありますね……。

ポイント4.クライアントとの相性

クラウドソーシングを活用するWebライターに限らず、フリーランスは『クライアントとの相性』が、とても大切!

「ああ、このクライアントさん……なんか苦手やわ。距離埋まらへん」自分がそう感じている場合、相手も同じ気持ちかもしれませんね。(笑)

自分の感情と仕事をしっかり切り離せられる人は問題ないが、並走感をもって案件に取り組めるクライアントさんとは、いいお取引ができているように感じます。

ちょっとこのワード、今は検索ボリューム少ないんやけども、来週この番組でこのテーマ、特集されるっぽいから早めに書いときたいんだけど!

とか、一緒に試行錯誤・切磋琢磨できる関係性だと、精神衛生面も良い。

はじめてお取引するクライアントは、本当に信頼できる人かどうか判断しにくいのですが、

  1. クライアントのプロフィール評価欄
  2. 依頼内容
  3. メッセージの雰囲気
  4. 会社やサイトがわかる場合はチェックする

上記4つのポイントを抑えておけば、トラブルに巻き込まれることも少ないです。

私はプロフィールの評価なし・その他情報ゼロというクライアントでも、メッセージのやりとりや、ランサーズを利用して培った勘で、お引き受けするケースがあります。

この勘は根拠がなさすぎてWELQかよ!

って突っ込まれそうですが……

初心者の方はプロフィール評価欄と依頼内容の雰囲気で精査するのが無難です。

ちなみに私が「きな臭いな」って感じる依頼内容は、『初心者でも稼げる』とか『超簡単で高単価!』みたいな謳い文句。全てが悪い訳じゃないけど、オイシイ話には裏があるっていうのでスルーしています。

高額セミナーや起業塾は詐欺なのか?「在宅ワークで稼げる時代」を生き抜く方法誰でも在宅ワークで収入アップっていう煽り営業・架空在宅ワークがニュースになっていました。被害総額4000万円とのことです。 キラキラ女子起業家とか、ママ起業家とか、起業塾では、高額なセミナーを開催されています。ヒトコト付け加えるのであれば、キラキラ女子とかママ起業が悪いってわけじゃなくて、『宙ぶらりん、ふわっふわな得体の知れない高額セミナーは気をつけて』ってことが言いたいんです。「在宅で仕事が出来ていいなぁ。私もやってみたいなぁ」と思っているアナタに言いたい。ぜひ、挑戦してください。そして、副業在宅ワークでその気になれば誰でも稼げる時代で生き抜く方法はただひとつ。カモられないこと。 ...

クラウドソーシングは長期休暇前は高案件が見つかりやすい

クラウドソーシングに慣れてきて、もう少し単価の高い仕事をゲットしたい人は、みんなが休んでいるときに行動するべし!

たとえば、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆など。

一般企業が連休に入る1ヶ月くらい前から、連休中に作業ができるライターを探し始めるからです。

連休前・年度始めは、忙しかったり、休暇をとったりするケースが多いですが、条件の良い案件はみんなが動かないときにソロ~~リ忍び寄ってきます。

Webライターはクラウドソーシングを効率的に使おう!

「クラウドソーシングサイトは危険がいっぱい! 」なんてネガティブなイメージを持っている人もいますが、使い方次第です。

私はランサーズに登録して、1年5ヶ月が経過しました。

「ランサーズはじめてなかったら、私どうなってたんだろう」と考えたらゾッとします。

ランサーズをはじめた頃は、自らプロジェクトに提案して、案件を取らなければ! という日々が続くかもしれません。

しかし、その過程の中で、上手なクラウドソーシングサイトの使い方や仕事のノウハウが構築されていくはずです。

実際にクラウドソーシングを活用している先輩ライターさんのノウハウブログにも、リアルなヒントがいっぱい詰まっていますよ〜!

「クラウドソーシングをはじめてみたけれど、どうやって仕事を選べばいいの? 」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

最後に私がランサーズに登録したとき読み漁っていた、ランサーズを活用しているライターさんブログを貼っておきます。

えいっ ペタ!

ABOUT ME
ボーボーママ
ボーボーママ
長女出産をきっかけに在宅フリーランスに(保活経験あり)。現在は夫・長女・長男の4人暮らし。社会人経験なしだった私も『家でできる仕事』をコンスタントに受注しています。最高月収は70万円ほど。お仕事のご依頼は『お問い合わせ』から受付中です。