在宅ワーク・ライター

Webライターがクラウドソーシングで仕事を選ぶ4つのポイント|私の裏ポイントも公開!

出産を機に「在宅で仕事がしたいなぁ……」と思い登録した、クラウドソーシング「ランサーズ」。

それをキッカケにお仕事がもらえるようになり、現在はフリーライターとして生計を立てています。

そこで今回は、クラウドソーシングに登録して2年目となった、現役ライターの私が心がけている仕事選びのポイントについて紹介します。




現役Webライターがクラウドソーシングで仕事を選ぶ4つのポイント

保育園に入れないから、在宅ワークに挑戦したい!

副業がてら、何かはじめたい……。

そう思っている人にオススメしたいクラウドソーシング。

登録ユーザー数も年々増加し、クラウドソーシングを活用するノウハウもちらほら公開されていますよね。

そんなノウハウの中でも、「Webライターがクラウドソーシングで仕事を選ぶポイントや基準」の記事も見かけます。

ひとりひとり、仕事で重要視するポイントは違うけれど、

Webライターとして仕事を選ぶ基準としては、

  1. 執筆するテーマ、サイトがリテラシーに反していない
  2. 作業時間と報酬が見合っている
  3. 報酬以外のメリット
  4. クライアントさんとの相性

欲をいえばキリはありませんが、この4つじゃないですか?

私も基本的にはこの4つを重視して受注しています。

ポイント1.執筆するテーマやサイトが秩序に反していない

昨年、Web業界を震撼させた「WELQ(ウェルク)問題」。

大手IT企業・DeNAが運営する医療サイト・WELQで、著作権無視の転用やオカルトレベルな記事が掲載され、劣悪メディアの実態が明らかとなりました。

WELQに掲載されていた記事の一部は、クラウドソーシングで発注されていたため、クラウドソーシングの是非が問われたり、

各サイトで新しい対策が導入されたりと、Web業界全体でリテラシー・秩序の底上げに繋がったのではないかと感じています。

「執筆するサイトのテーマ」や「レギュレーション(執筆ルール)」に問題がないか

この部分も、クラウドソーシングで仕事を選ぶとき、欠かせないポイントですよね。

私もちょっとでも違和感があれば手を出さないようにしてます。

ポイント2.作業時間と報酬が見合っている

クラウドソーシングにある案件のほとんどは、「記事1本につき報酬が○○円」のような報酬型

1文字あたりの文字単価を重視している人が多い印象を受けます。

しかし、『文字単価5円! 1記事1000文字5,000円』という案件でも、執筆に10時間かかれば時給500円です。

逆に文字単価が1円でも、知見のあるテーマならスラスラ執筆できます。

結果的に文字単価5円の案件より時給が高くなることも珍しくはありません。

ほとんどの人が、時給換算を意識して仕事を引き受けるかどうか判断しているでしょう。

また、執筆する人のスキルによって報酬の感覚は異なるものの、大前提として『成果物に対する報酬は報酬以上のメリット』がなければなりません。

1000円の価値がないものに1000円出したくないのは誰だって一緒ですよね……。

クライアントを満足させることも大切だけど、クライアントの先には読者がいます。

作業・報酬のバランスはもちろんですが、その記事を読んだ人の未来をイメージすると、作業時間と報酬が見合っているか判断しやすくなりますよ。

ポイント3.報酬以外のメリットや魅力がある

スポンサードリンク



「1記事書くのに、ネタ出しと掲載許可取りも入っているのか……手間がかかるなぁ」

報酬と作業時間のアンバランスさを感じたことはないでしょうか?

もちろん、慣れやスキルの問題もあるので、この感覚は人それぞれだと思います。

けれど、

「このテーマは絶対私が書きたい!!! 」

「月間100万PVのモンスターサイトで記名記事!? 宣伝になりそうだな……」

「理由はないけど、やってみたい! 」とか……

報酬が見合わなくとも、報酬以外のメリットや魅力があることも。

また、逆をいえば、どんなに好条件であっても魅力・興味を感じない分野だと、長続きしないかも。

ポイント4.クライアントとの相性

クラウドソーシングを活用するWebライターに限らず、フリーランスって『クライアントとの相性』が、めっっっっっちゃ大切!

「ああ、このクライアントさん……なんか苦手やわ。距離埋まらへん」

自分がそう感じている場合、相手も同じ気持ちかもしれませんね。(笑)

※自分の感情と仕事をしっかり切り離せる人は問題ないです!

個人見解ですが、一緒に作っている感覚があるクライアントさんは、仕事していて気持ちいいです。

「ちょっとこのワード、今は検索ボリューム少ないんやけども、来週この番組でこのテーマ、特集されるっぽいから早めに書いときたいんだけど! 」

「この記事、このサイトに抜かされちまったな!キーワード一個、追加しときませんか? 」

とか、一緒に試行錯誤・切磋琢磨できる関係性だと、精神衛生面も良い。

はじめてお取引するクライアントだと、判断しにくいですが

  1. クライアントのプロフィール評価欄
  2. 依頼内容
  3. メッセージの雰囲気
  4. 会社やサイトがわかる場合はチェックする

上記4つのポイントを抑えておけば、トラブルに巻き込まれることも少ないです。

私はプロフィールの評価なし・その他情報ゼロというクライアントでも、

メッセージのやりとりや、クラウドソーシングを利用して培った勘で、お引き受けするケースがあります。

この勘は根拠がなさすぎてWELQかよ! って突っ込まれそうですが……

初心者の方はプロフィール評価欄と依頼内容の雰囲気で精査するのが無難です。

ちなみに私が「きな臭いな」って感じる依頼内容は、

『初心者でも稼げる』とか『超簡単で高単価!』みたいな謳い文句。

全てが悪い訳じゃないけど、オイシイ話には裏があるっていうのでスルーしています。

現役Webライターの私が『あえて』心がけている仕事を選ぶ裏ポイント

おまけで、私が『あえて』心がけている仕事を選ぶ裏ポイントを2つ紹介します。

裏ポイント1.あえて新規立ち上げサイトを選ぶ

報酬・テーマ・クライアントの雰囲気が全く一緒の、

「鬼のようなPV数を得るモンスターサイト」

「新規立ち上げサイト」

ふたつのうち、どちらかひとつの案件を引き受けるとき、あなたはどちらを選び(狙い)ますか?

私は後者、新規立ち上げサイト」を選びます!!

モンスターサイトで執筆すると、鬼PV数を集めるノウハウが垣間見れるし(教えてくれる訳じゃないけど)、記名記事であれば、自分の宣伝にも効果的ですよね。

また、鬼のようなPV数を得るモンスターサイトの方が継続、安定した仕事=収入を得れる可能性が高いです。

なぜなら、新規立ち上げサイトは、PVや収益が伸びなければ、外注ライターへの発注が打ち切りになる危険性があるから。

昨日までの常識が突如となく消え去るネットの世界だから、どちらにしても言い切れはしませんが、新規立ち上げサイトの方がリスキーですよね。

なので、この究極の2択を迫られた場合、新規立ち上げサイトをあえて狙う私は偏屈極まりないし、逆の方向いっちゃってるじゃんって感じるかもしれません。(笑)

それでも私が、新規立ち上げサイトをあえて狙う理由は「新規立ち上げサイトは自分の実力がわかる」から。

記事のPV数は、『記事のPV数=自分の実力』ではなく、『記事のPV数=自分の実力+サイトの実力と影響力』です。

一定数のユーザーを確保しているモンスターサイトだと公開しただけで、一定数のPV数を得れます。

ある程度収益も上がっているため、凄腕校正・編集さんが所属していることもあるでしょう。

一方、新規立ち上げサイトは0からのスタート。

ユーザーも集まっていないので、記事のPV数が自分の実力にほぼ比例します。

予算があれば、広告を出したり、一気に記事を集めたりして、ユーザー確保をするかもしれません。

けれど個人の方が立ち上げたサイトだと、そうとも行きませんよね。

逆を言えば、凄腕校正・編集さんが入っているモンスターサイトで執筆していた人が、他のサイトで執筆すると、「あれ?それほど……」ってこともあります。

この部分は「自分の納品した記事が編集される場合、どう編集されているか確認しなさい」 と言われる理由ですね。

私自身、際立って素晴らし文章力や影響力がある訳ではありません。

なので、コンスタントに受注している新規立ち上げサイトでの仕事は勉強になる部分が多く、

「おーこの記事の順位上がってるな」とか、

「わーーーー全然順位上がってないじゃんなぜ!? 」とか。

そういう小さな作業にはヒントがたくさん隠されているなと感じています。

安定した収入を得ているけど、なんだか実力がついているのかわからないWebライターさんは、新規立ち上げサイトを狙ってみるのもひとつの手段です。

自分でブログやサイトを作って、Googleの感覚を掴むのもオススメ。

ポイント2.あえて連休前に仕事を探す

「クラウドソーシングの使い方にも慣れてきて、ライターとしても安定してきたけど、もうちょっと良い条件の仕事がしたいなぁ……」と思っている人は、みんなが休んでいるときに行動するべし。

例えば年末年始・ゴールデンウィーク・お盆とか。

一般企業が連休に入る1ヶ月くらい前から、連休中に作業ができるライターを探し始めます。

あと、年度始めの前ですかね。

4月リリースを目標にしているサイトがライターを探しはじめるのは年末年始頃。

連休前・年度始めは、忙しかったり、休暇をとったりするケースが多いですが、条件の良い案件はみんなが動かないときにソロ~~リ忍び寄ってきます。

まとめ

「クラウドソーシングは危険がいっぱい! 」

なんてネガティブなイメージを持っている人もいますが、クラウドソーシングは使い方次第。

私はクラウドソーシングに登録して、1年5ヶ月が経過しました。

「クラウドソーシングはじめてなかったら、私どうなってたんだろう」と考えたらゾッとします。

クラウドソーシングをはじめた頃は、自らプロジェクトに提案して、案件を取らなければ! という日々が続くかもしれません。

しかし、その過程の中で、上手なクラウドソーシングの使い方や、仕事のノウハウが、自分の中で構築されていくはずです。

実際にクラウドソーシングを活用している先輩ライターさんのノウハウブログにも、リアルなヒントがいっぱい詰まっていますよ。

「クラウドソーシングをはじめてみたけれど、どうやって仕事を選べばいいの? 」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

最後に私がランサーズに登録したとき読み漁っていた、クラウドソーシングを活用しているライターさんブログを貼っておきます。

えいっ ペタ!

ブログ3日坊主説をなんとか打破した私でした!!!

[kanren postid=”362,290″]
スポンサーリンク


ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。