メンタル・考え方

自分の長所がわからない!強みを見つけるたったひとつの方法

高校や大学受験。就活や転職などなど。

人生の分岐点となる『面接』のとき、必ずといっていいほど、質問されるのが

「あなたの長所(強み)を教えてください」

このパワーフレーズですよねぇ……。

私は高校受験のとき、自分の長所がわからなかったので、静まり返った放課後の教室で黙々と自己分析をしていました。

今でこそ、自分の長所や短所がなんとなくわかるようになったけれど、当時の私は自己肯定感も低く、「私なんて……」と思う機会も多かったんです。

ぶっちゃけ「自分の長所なんか知って、何の役に立つんだろう……」と思っていましたが……

自分で自分の強みを認識することって、重要。

その理由はとってもシンプル!

仕事や趣味、人間関係、遊び…etc.

どんな場面でも、自分の長所を知っていれば、
自分に合っている環境を把握できたり、逆に苦手な環境に対して備えれたりと、適応力がアップするじゃないですか!

と、いうわけで今日は私流の『自分の長所(強み)を見つける方法』を紹介します。



自分の長所(強み)を見つけるたったひとつの方法

長所を見つける方法はただひとつだけ!

ずばり

『短所をピックアップする』ことです。

長所じゃなかったのかよ!?と思われちゃいますが、私はこの方法で自分の長所を見つけました。(笑)

自分の長所がわからなかった中学生の頃、自分の長所を書き出しましょうと言われても

わたし
わたし
自己肯定感が低いからわからねぇぇんだろ!!

と偏屈モード全開だったんです。

居残りしながら自己分析シートとにらめっこする私に、担任の先生はこう言います。

カルロス
カルロス
ボーボーよ。モノゴトは表裏一体ではないか?
わたし
わたし
と、いいますと
カルロス
カルロス
たとえば影踏みして遊べるのも、影があるからできる遊びじゃない。もっとわかりやすくいえば、戦隊モノのアニメだって悪者がいなくちゃ成り立たない。
わたし
わたし
うーん。むずい。。
カルロス
カルロス
ボーボーで例えるなら…声がでかいってよく注意されてるけど、それも裏を返せば長所だよね。時と場合によれば欠点も長所になるってことよ。すごいなーって思う人だって、すごいが強調されてわかりにくいだけで欠点はあるでしょう。
わたし
わたし
せんせい…私の長所はそれだけですか?

短所から自分の長所を見つけよう!

こんな感じで、私は自分の短所から長所を探してみることに…。

そのときの方法は以下の通りです。

まずは自分の欠点を書き出してみる

コピー用紙でも、スマホのメモ帳でもなんでもいいです。

思いつくまま、自分の欠点を書き出してみましょう。

ちなみに…うろ覚えですが、

  • 自己主張が強すぎて協調性ナシ
  • 興味がないことはできない
  • 説明を聞くのが苦手
  • 後先考えず、思いつきで行動してしまう
  • おおざっぱ

こんな感じだったかと思います。

書き出した短所を良い風に置き換える

ざらっと自分の欠点をリストアップしたら、今度はポジティブ脳に切り替えます。

ここで、役に立つのが類語辞典です。

たとえば私の欠点である『おおざっぱ(大雑把)』

これを類語辞典で調べてみると……

細かいことにこだわらない、大雑把で大らかな性格のこと

引用:weblio辞典

こういう意味が!!!!

そのほかにも、ネガティブな意味合いの言葉が出てきますが、この段階でピックアップするのはポジティブのみ。

そういえば、小さいことでクヨクヨしないかも

と、思えるはずです。

上記工程を繰り返しながら、短所を長所に変換していってみましょう!

スポンサードリンク



 

短所から長所を見出すメリット

自分の強みがわからない人が長所を見つける方法として、「短所から長所を見つける」と書きましたが、

これは就活や受験など、面接のときにもかなり役立ちます!!

と、いうのも…自己アピールであなたの長所は?という問いを素直に答えちゃうと、だいたい裏もかかれるからです。(笑)

「私の長所は人の意見に流されない、強い意志を持っていることです!」とアピールすれば

「周囲の意見に対してはどうですか?あまりに強すぎると、協調性がないのでは…」と言われたり、

「私の長所は慎重なところです。何事に対してもしっかり考えてから行動します」とアピールすれば

「ではあなたは、行動を起こすまでに時間がかかるタイプでしょうか?」とさらに裏をかかれます。

面接あるあるですが短所から長所を把握しておけば、ちょっと意地悪な質問にも対応しやすいですよ。

まぁ、意地悪で聞いているんではなくて、自分の性格をどこまで把握して、どう付き合っているのか?という部分を確認されているだけなので、ご安心を。

あわせて読みたい
採用担当者に聞く!面接で受かる人・落ちる人の決定的な違い就職活動・バイト・転職。 職に就くとき、最初の難関となるのが『面接』です。 面接で受かる人もいれば、落ちる人もいますが、採用...

まとめ

  • 人に自分の長所を聞いてみる
  • 過去に褒められたことを思い出す

こういう方法で長所を見つけるのもアリなんですが……

自分の強みがわからないときって、周りに対しても疑心暗鬼だったりしませんか?私はそうです。

せっかく褒めてもらっても…

本当にそうなんだろうか?と、心では納得できないこともしばしば。

ですが、短所を知っているのも紛れもなく強みです!!!

「ここが苦手だから、こうしよう!」って、自分なりの対処方法を知れますからね。

また、漠然とすげぇえぇあの人!って思っちゃうようなキラキラしている誰かだって、必ず欠点はあります。

でも、自信満々に見える人ほど、今回紹介したような方法を繰り返し実践しているはず。

「私なんて…」と思って、良いところが見つけれないときは、短所をとことん分解してみてください。

きっと、その裏側にはあなたらしい長所が潜んでいますから!

ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。