ブログ・サイト運営やgoogleadsense

無料でWordやExcelを使う方法!Officeが搭載されていないパソコンでもOKなアプリ2選

少しだけWordやExcelを修正したい!けれど自宅にあるパソコンにはOfficeが搭載されていない……。

そんなときにオススメしたいのが、無料でWordやExcelを使えるオススメアプリです。

わざわざOfficeソフトを購入する必要はありません。

この2つのアプリさえマスターすれば、Word・Excelが搭載されていないパソコンでも快適にファイルを作成できるんです!




WordやExcelが搭載されていないパソコンでも無料で使えるアプリ2選!

「書類は作らないし、ネットサーフィンができればOK」と思ってOfficeが搭載されていないパソコンを購入する人って多いですよね。

けれど、パソコンを使っていると「ちょっとだけエクセルとワード、使いたい……」みたいな場面に遭遇することがあります。

また、これからパソコンを購入する人も、WordやExcelが使えるものにしたい!と思っているのでは?

そのときに活用して欲しいのが

  • Googleドキュメント&Googleスプレッドシート
  • Officeオンライ

この2つの無料アプリです。

私はこのアプリさえ使えば、Office搭載パソコンもOfficeソフトも購入しなくていいと思っています!

無料で使える!GoogleドキュメントとGoogleスプレッドシート

みんなご存知、Googleが提供するアプリ、GoogleドキュメントGoogleスプレッドシート

GoogleドキュメントではWord、Googleスプレッドシートではエクセルというイメージです。

このアプリはGoogleアカウントさえあれば、無料で利用OK!

私は職業柄、WordやExcelを頻繁に使用するのですが、Office搭載されていない安いPC+Googleアプリを使っていますよ。

Googleドキュメント&スプレッドシートで出来ること(メリット)

  • インストールなしで、ブラウザ管理ができる
  • WordとExcelの基本操作が可能
  • Word・Excelファイルを読み込める
  • Googleドキュメント、スプレッドシートで作った書類は形式を指定してダウンロード可能
  • URLでシェアできる
  • 共同作業・同時作業が可能
  • 拡張機能を使えばオフライン編集ができる

変換可能なファイル形式

ドキュメント→ .html .txt .odt .rtf .doc .docx .pdf
スプレッドシート→ .xls .xlsx .ods .csv .tsv .txt .tsb

参考:http://www.appsupport.jp/docs/conversion/

MacユーザーでWord、Excelを使用したい場合、『Office 365 Solo』というOfficeがオススメなのですが、これ、1年契約で1万円以上になるんです。

Windowsユーザ、Macユーザーに関わらず、必要最低限で操作したいのであれば無料で使えるGoogleドキュメントとGoogleスプレッドシートがお得。

Googleドキュメント&スプレッドシートのデメリット

Word・Excelと比較して劣っているなと感じる部分は以下の通り。

  • スプレッドシートは表計算において必要最低限な操作しかできない
  • ブラウザ上で利用するので、スピードが遅いときがある
  • Word・Excelで慣れている人は使いにくいかも?
  • 対応していないショートカットキーがある

とはいえ、無料で使用する分には充分です。

従来のOfficeを使用していた人にとってはわかりにくい点もありますが、2年ほど使用してきて、大きな問題に出くわしたことはありません。

スポンサードリンク




 

無料で使える!Officeオンライン

次にオススメするのが、Officeオンライン。

こちらはMicrosoftアカウントがあれば利用できる無料アプリです。

Officeオンラインに出来ること(メリット)

  • Word・Excel・PowerPointなどが使える
  • 基本操作が可能
  • 共同作業・同時作業が可能

Officeオンラインを使ってみて、まだ日が経ってないので詳しいレビューができません。

が、ほぼほぼ、従来のOfficeと同等です。

Officeオンラインのデメリット

Officeオンラインも従来のOfficeと比較すると機能が制限されています。

  • 対応していないショートカットキーがある
  • 凝った装飾、レイアウトができないことも
  • オンラインストレージはOneDrive※15GBまで無料
  • スピードやや遅いかも
  • 図形が描けない

めちゃくちゃ凝っている数式、レイアウトをしない限りは問題ないですね。

ファイルはOneDriveでの保存となりますが、15GBまでは無料で使えます。

私はOneDriveが使いこなせないので、やっぱりGoogleドキュメントとスプレッドシートが使いやすいですが、Office慣れしている方はこっちのほうが操作しやすいかも。

まとめ

さて、無料でWordやExcelファイルが作れて閲覧できる、Googleドキュメント、スプレッドシート、Officeオンラインをご紹介しましたが、

これならわざわざパッケージ版のOffice買う必要なくない!?

っていうのが正直な感想です。

ちなみに私はこの安い~パソコンでOffice入れずに、1日10時間くらいパソコン触っていますが、購入して1年半。

まだまだ使えそうです。

パソコンやOfficeソフトの購入を考えている方はぜひ、参考にしてくださいね!

[kanren postid=”697″]

ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。