子育て・教育

【簡単】100均の材料で手作りバスボム!子どもが喜ぶ入浴剤の作り方レシピ

2歳の娘はバスボムタイプの入浴剤がお気に入り。

イヤイヤ期真っ只中ですが、バスボムがあればすんなりお風呂に入ってくれます。

けれどバスボムって、そんなに安いものではないんですよね……。

ってことで今日は、100円ショップに売っている材料で、30分あればできる簡単・バスボムの作り方を紹介します😊



簡単!手作りバスボムの作り方~お気に入りの入浴剤を作ってみよう~

TwitterやInstagramで見かける手作りバスボム。

オリジナルのバスボムが、自分の好きな形で作れて、しかも節約になるって最高ですよね✨

そういえば、私も高校の授業でバスボムを作りました。

アロマ・食紅・入浴剤を入れれば、色鮮やかなバスボムが作れるのですが、今回はスタンダードな作り方を試してみます。

手作りバスボムの材料はコレ!100円ショップで揃えられるよ

  1. 重曹 100g
  2. クエン酸 50g
  3. 片栗粉(コーンスターチでも代用可能)50g
  4. お好みの型(調理用のシリコンカップ等がオススメ)
  5. 混ぜるもの&ボール
  6. お水と霧吹き(私は醤油スプレーで代用)

用意する材料は上記のみ。

重曹2:クエン酸1:片栗粉1

この割合であれば問題ないです。

また、キャラクター型を使えば、子どもが喜びそうなキャラボムが作れます❤

今回は、Twitterで見かけた『ドラ○もん』のゆで卵型と、『お砂場型抜きセット』を購入してみました。

手作りバスボムの作り方!【材料費600円・所要時間30分】

スポンサードリンク




①重曹・クエン酸・片栗粉を測って混ぜる

必要な粉類を測って、そのままボールに投入し、サラッと混ぜておきます。

※私はお鍋を使用しました。

粉が均等になるように混ぜておけば作りやすいですよ!

②霧吹きで水を少しずつかけて、練っていく

次に霧吹きで水を少しずつかけて練っていきます。

シュッとしたらマゼマゼ……

シュッとしたらマゼマゼ……

って感じで、慎重に、慎重に練っていきましょう。

一度に大量のお水を入れると、かたまらなかったり、シュワシュワ感が抜けてしまいます。

私は10mlくらいのお水を使用しました。

アロマオイルを入れたい方は、水を入れる前にオイルを垂らしてあげてくださいね。

ベチョベチョっていうよりは、ギュッと指で押すと固まる程度が目安です。

③お好みの型にギュッギュッと押し込んで乾燥させる

あとはお好みの型に『バスボムの素』を押し込んで、乾燥させましょう。

実は分量も目分量で作っちゃったんですが……

3時間程度乾かした仕上がりがこんな感じ❤

ちょっとゆるくて、娘が握った瞬間、ボロっとしちゃいました。(笑)

お砂場型は取り出すのが難しいので、やっぱり調理用の型がいいかもしれません。

雰囲気が楽しめればいいので、良しとしましょう。

消耗品以外で使用した材料費は100円程度。

何度か作っていればコツが掴めそうですね^^

ガチャガチャのカプセルを使ったら、中から何かが出てくるバスボムもできるかも。

まとめ.手作りバスボムで楽しいお風呂タイムを過ごそう❤

ちょっと失敗してしまいましたが、娘は大喜び!

アレンジ次第でいろんなバリエーションも楽しめますし、

火や包丁を使わないので、親子で一緒に挑戦することもできます❤

手作りバスボムで、楽しいお風呂タイムを過ごしてくださいね^^

 

【執筆しました】こんな記事も書いています!

【2人目出産レポ】計画的な誘発分娩の時間や痛み・エピソード!お腹と体重変化も

大人が花粉・食品アレルギー検査をした結果、小麦アレルギーが発覚した話|検査費用と方法を解説

ABOUT ME
ボーボーママ
2児の母。お肉とビールが好き。フリーライターです。